「先送りせずに すぐやる人 に変わる方法」  佐々木 正吾
How To Stop Putting Things Off And Get Them Done ASAP

 

 

著者紹介
心理学ジャーナリスト。
専門は認知心理学。
1973年北海道生まれ。
97年独協大学卒業後、ドコモサービスで働く。
2001年アヴィラ大学心理学科に留学。
著書に『スピードハックス』『チームハックス』(共著)、ベストセラーとなった『iPhone情報処理術』(共著)などがある。
また、ブログ「ライフハックス心理学」を主宰している。

はじめに

人生をみずから変え、好転させていける人には、共通点があります。
どんな人でしょうか?

ハウツー本、ビジネス書などをたくさん読んでいる人?
違います。

セミナーや教室にたくさん通っている人?
それも違います。

人生をみずから変え、好転させていける人。
それは「行動力のある人」です。
人生を好転させられる人とは「すぐやる」達人のことです。

結果を出せる人は誰よりもすぐに行動しています。

ある人がビジネス書を読んでいる間に、行動できる人はすでに取引先のところに行っています。
ある人がダイエット本を読んで知識をつけている間に、行動できる人は外に出てジョギングをしています。
人生を変えられる人は、すぐにやることのできる人です。

知識をつけることは、もちろん悪いことではありません。ノウハウを仕入れることは、効果的にものごとを行う上で、とても重要なことだと思います。
しかし、どれだけ知識があり、ノウハウを知っていても、最初の一歩が踏み出せないのは、何もしていないことと同じです。

あなたが、もし知識やノウハウを持っているとすれば、それに行動をプラスするだけで、ほかの大勢に大きな差をつけることができるはずです。

あなたに足りないのは、最初の一歩。
それだけです。

そこで本書では、ついつい先送りしてしまうあなたのために、「先送り」とはどういうことか、その心理を分析し、「すぐにやる人」になるための方法を55個ご用意しました。
しかも、「さあ、動け!」「まず、最初の一歩を踏み出そう!」などといった勢いだけのメッセージ本ではありません。
心の働きを分析し、気合いだけではなく、スムーズかつシステマティックに「すぐにやる人」になれる方法を集めて、整理しました。

本を読んだり、情報を仕入れたりすることにはたけているのに「動けない」ことがネックになっているあなたを変える一冊となれば、幸いです。

佐々木省吾

 方法 RULE 02
朝一でやる

いきなりですが、質問です。
●毎月5万円貯金する
●毎月5万円借金を返す
どちらならできそうですか?
多くの人は「借金を返す」と答えるのではないでしょうか。

なぜ多くの人が貯金は難しいけれども、借金なら返せると思うのでしょうか。
借金は返さないと借金取りが来ます。でも貯金はしなくても、誰かにとがめられるわけではありません。
つまり、借金を返すというのは、「優先事項」だということです。優先順位が高いからできる。「やらねばならない」からできるのです。
でも、貯金はそうではありません。優先順位がとても低い。「生活必需品を買って、月々の支払いもすませて、それから本やCDも買って、それでも余ったら5万円を貯金しよう」などと考えているのではないでしょうか。
でも、余ることはめったにない。だから貯金は先送りになってしまうのです。

◎「すぐやれないこと」は「すぐやる必要のないこと」

このように、すぐやれないことは「優先順位が低い」ということが圧倒的に多い。締め切りのない仕事や締め切りがかなり先の仕事などです。いつやってもいい仕事はすぐにやれないことが多いのです。

あなたにもいろいろな「すぐやれない」ことがあるでしょう。考えてみてください。そのほとんどが「いまやらなくてもいいこと」ではないでしょうか。ダイエット、貯金、勉強、経費精算。どれもいますぐにやらなくとも死にはしないし、誰にも何も言われない。だから先のばしにしてしまうのです。これらがすぐにやれないのは、ある意味では当然なのです。

◎優先度を比較する「前」に動き始めてしまう

解決策としては「朝いちばんにやる」ことをおすすめします。
優先順位は低いけれど、いずれは必ずやらなければいけないことや、本当にやりたいことは、朝いちばんにやってしまうのです。
ほかのことと優先度を比較する「前」にやってしまうのです。ほかの、締め切りが迫っていることと比較してしまうと、どうしても早くやらなければいけないほうを先にやりたくなってしまうでしょう。そちらに時間とエネルギーを使ってしまいます。そのあとで「優先度の低い」ことに手をつけようとしても、時間も気力も残っていません。だから、やれなくなってしまう。
すぐにできないことは、優先度が低いもの。だから、優先度を比べる「前」に手をつけてしまうことが大切なのです。

⇨RULE 02/55
◎「すぐやれないこと」は「すぐやる必要のないこと」
⇒行動できないことは優先度が低い
⇒優先度を比較する前にやってしまう