超訳 ニーチェの言葉
DIE WELTLICHI WEISHEIT VON NIETZSCHE
エッセンシャル版

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ 著
(1844~1900)
ドイツ哲学者・古典文献学者。
1844年にブロイセン王国領ザクセンに牧師の子として生まれた。
ボン、ライプツィヒ両大学に学び、ワーグナーとショーペンハウアーに傾倒した。
24歳でスイス・バーゼル大学の古典文献学の教授となる。
1872年に処女作『悲劇の誕生』を発表。
1879年に大学を辞し、十年にも及ぶ漂泊の中で執筆活動を続けるが、1889年に精神が崩壊、1900年にワイマールに没した。
ヨーロッパ思想への痛烈な批判、永劫回帰、力への意志など、その鋭く独自の思想により、ハイデッガーをはじめとする二十世紀の哲学思想に大きな影響を与えた。
代表作に『ツァラトゥストラはかく語りき』(1883~1885)、『善悪の彼岸』(1885~1886)、『人間的な、あまりに人間的な』(1878)、『教育者としてのショーペンハウアー』(1874)などがある。

翻訳 白取 晴彦 Haruhiko Shiratori
青森県生まれ。
ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。
哲学と宗教に関する解説書の明快さには定評がある。
主な著書に『ビジネスマンのための「聖書」入門』『勉学術』『頭がよくなる思考術』『考えすぎない思考術成功体質になる24の習慣』『仏教「超」入門』など多数。

Ⅰ 己について

005 誰にも一芸はある
どんな人にも一芸はある。その一芸は、その人だけのものだ。
それを早くから知っていて、充分に生かして成功する人もいる。自分の一芸、自分の本領が何であるか、わからないままの人もいる。
それを自分の力で見出す人もいる。世間の反応を見ながら、自分の本領が何だろうかと模索し続ける人もいる。
いずれにしても、くじけず、たくましく、果敢に挑戦を続けていけば、自分の一芸がわかってくるはずだ。
『人間的な、あまりにも人間的な』

はじめに

ニーチェという変わった哲人
ドイツの哲学者ニーチェは十九世紀の後半に生き、二十世紀の曙を前に没した。
二十四歳でスイスのバーゼル大学教授となったが、教職にあったのはわずか十年ほどで、その後は病気療養のためにヨーロッパ各地を旅しながら独特の著述と思索を続けた。
ニーチェの著作の中で最も広くタイトルを知られているのは『ツァラトゥストラはかく語りき』だろう。この書名を知らない人でも、リヒャルト・シュトラウスが作曲した『ツァラトゥストラはかく語りき』の旋律は聞いているかもしれない。この曲は映画『2001年宇宙の旅』のテーマソングともなっている。

ニーチェは哲学者だったというものの、いわゆる難解で抽象的な事柄を思索して理論を説いた人ではなかった。彼は当時のキリスト教道徳をあまりにもあの世的だと批判し、この世における真理、善、道徳こそ大切だと強く唱えた。つまり、今生きている人間のための哲学を打ち出したのだった。
ニーチェの名が今なお世界的に知られているのは、彼の洞察力が鋭いからである。急所を突くような鋭い視点、力強い生気、不屈の魂、高みを目指す意志が新しい名文句をも言える短文で発せられるから、多くの人の耳と心に残る。
その特徴は主に短い警句と断章に発揮される。本書では、それらの中から現代人のためになるものを選別して編纂した。
(本文はじめにより 抜粋)