超訳 ニーチェの言葉
DIE WELTLICHI WEISHEIT VON NIETZSCHE
エッセンシャル版

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ 著
(1844~1900)
ドイツ哲学者・古典文献学者。
1844年にブロイセン王国領ザクセンに牧師の子として生まれた。
ボン、ライプツィヒ両大学に学び、ワーグナーとショーペンハウアーに傾倒した。
24歳でスイス・バーゼル大学の古典文献学の教授となる。
1872年に処女作『悲劇の誕生』を発表。
1879年に大学を辞し、十年にも及ぶ漂泊の中で執筆活動を続けるが、1889年に精神が崩壊、1900年にワイマールに没した。
ヨーロッパ思想への痛烈な批判、永劫回帰、力への意志など、その鋭く独自の思想により、ハイデッガーをはじめとする二十世紀の哲学思想に大きな影響を与えた。
代表作に『ツァラトゥストラはかく語りき』(1883~1885)、『善悪の彼岸』(1885~1886)、『人間的な、あまりに人間的な』(1878)、『教育者としてのショーペンハウアー』(1874)などがある。

翻訳 白取 晴彦 Haruhiko Shiratori
青森県生まれ。
ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。
哲学と宗教に関する解説書の明快さには定評がある。
主な著書に『ビジネスマンのための「聖書」入門』『勉学術』『頭がよくなる思考術』『考えすぎない思考術成功体質になる24の習慣』『仏教「超」入門』など多数。

Ⅲ 生について

045 いつかは死ぬのだから

死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。
いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。
時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。
嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。

「力への意志」