「先送りせずに すぐやる人 に変わる方法」  佐々木 正吾
How To Stop Putting Things Off And Get Them Done ASAP

 

 

著者紹介
心理学ジャーナリスト。
専門は認知心理学。
1973年北海道生まれ。
97年独協大学卒業後、ドコモサービスで働く。
2001年アヴィラ大学心理学科に留学。
著書に『スピードハックス』『チームハックス』(共著)、ベストセラーとなった『iPhone情報処理術』(共著)などがある。
また、ブログ「ライフハックス心理学」を主宰している。

 

 方法 RULE 08
分解する

パッキングすると脳にとっては都合がいいのですが、いざ実行するときになって、なかなか動けないという問題に直面します。
たとえば「部屋を整理する」というのは、脳にとっては好都合です。
ただ、これでは実行するのにあまりにも表現がコンパクトすぎる。リストは書くときは便利ですが、実行するには、ハードルが高いのです。
どうすればいいかというと、小さく分解していく、これに尽きます。
「部屋を整理する」ではなく「ペンをペン入れに戻す」「レシートを捨てる」など、すぐに実行できるところまで分解することが大切です。
脳は、ものごとを「パック」とらえたがりますが、それでは実行できないので、パックからひとつずつ取り出して、すぐに実行できるところまで分解していく必要があるのです。

◎どんどん分解するクセがつけば自然と「すぐやる」人になれる

すぐやれない人は、イメージが漫然としています。「運動をする」「ダイエットをする」「貯金をする」など。これでは、いつまでたっても動けません。
うまくいく秘訣は分解していくことです。「運動する」といってもやることはいろいろありますこの「走る」に絞ったとします。走るためには、道具がいります。たとえば、まずスポーツ用品店に行ってジャージとランニングシューズを買う必要があるでしょう。
「運動する」を分解すれば、いまできることは「どのジャージとシューズを買うかをインターネットで調べる」ということになりますが。これならすぐにできませんか?
すぐできないときは漫然と思い描くのではなく、分解していって、すぐにできることを探してみてください。