韓国 2011年の映画

イム・ナミは、42歳の専業主婦。
一日の始まりは目覚まし時計の音。
夫と娘を家から送り出し、掃除をし、家を整える。

イム・ナミの母親は入院中である。
母親に見舞いは、夫がくれたお金で買ったシャネルのバッグである。
その母親の入院する病院で、ナミは懐かしい名前を見つける。
〝ハ・チュナ”チュナは、ジンドク女子高校時代の7人の仲間たちのリーダーだった。
チュナは癌に犯されていて、あと2か月の命だという。
そのチュナを見舞ったナミに、チュナはかつての仲間に会えるようにして欲しいという。
その仲間の名前は 『サニー』。

ナミは、夫の長期出張の間にサニーの仲間を探し始める。
いつも二重瞼にするのに夢中だったキム・チャンミ。
国語教師の娘のファン・ジニ。
美人のスジ。
リュ・ポッキはミスコリアになりたがっている。
そして、歯医者の娘のム・クムオクである。
ナミは、転校生で地方訛りがある。
肩身の狭い思いをする中、この7人の仲間と共に高校生活を楽しんだ。

かつての仲間を探すために、まずはジンドク高校に行き、かつての担任の先生を訪ねる。
チャンミの居所が分かり、懐かしい再会を果たす。
チャンミは保険の外交員。
でも成績は最低。苦しい思いをしているようだ。

そしてナミとチャンミは、次々と残りのメンバーを探し尋ねる。

ファン・ジニは今はお金持ちのマダムである。
整形手術でかつての面影はない。

クムオクは姑に虐められながら、生活をしている様子。

ポッキは母親の借金が元で、水商売をしている。
一人娘とも別れ、アルコールに溺れる生活。
次々に明らかになるかつての仲間たちの今。
懐かしい出会いの中、イム・ナミは主婦の生活の中で失われていた妻でもなく、母でもない本来の自分に気づきはじめる。

名曲「サニー」を始め、‘70~80年代の懐かしい曲が流れる。
その曲をバックに、映画は今と過去を取り混ぜながら、面白おかしく展開される。

悲しみと喜びが交差し、そこから光り出すような青春の思い出は、何とも心を温かくする。
死と生。別れと出会い。喜びと悲しみ。
思わず引き込まれていく世界がそこにあった。

(J)

「サニー 永遠の仲間たち」