東野圭吾 原作の「白夜行」は、日本でも、テレビドラマや映画にもなり話題を呼んだ。
韓国版 「白夜行」も見ごたえのある作品になっている。

14年前、インチョン港の廃船で起きた質屋の店主の殺人事件。
殺人の容疑者の疑いをかけられた女性が自殺し、事件はあいまいのまま終結をみる。

廃船は内側から鍵がかけられており、子どもしか中には入れなかった。

事件の担当をした刑事のドンスは、現場に残されていた一本のカセット・テープを見つけるが、これと言ったものは見つけられなかった。

殺された質屋の店主の息子ヨハンと、殺人の容疑者であった女性の娘イ・ジアは同じクラスだった。
容疑者の子どもとして、イ・ジアは虐められる。

母親の死以降、養女として親戚の家で暮らすようになった彼女は、名前をユ・ミホと変える。

ある殺人事件が起きる。
その事件を追う刑事は、14年前の事件との関連を調べるために、刑事ドンスに会う。
ヨハンやミホのことを調べるその刑事は、14年前の事件や今回の殺人事件のことをドンスに伝えたまま、行方不明になってしまう。

ミホは、財閥総師スンジョと婚約していた。
スンジョの秘書のイ・シヨンはミホの過去のこと等をを調べるように言われる。

ミホの過去を調べていくうちに、シヨンは14年前の事件に出会う。

一方、ヨハンは、ワインバーで働く。
そして、店の隣のカフェにいるミホを見つめる。
ミホを見つめる二人の人。
シヨンとヨハン。
そして、再度事件を調べるべく捜査に乗り出すドンス。

『白鳥の湖』の調べと共に繰り広げられる物語。
美しく、また妖しく展開する。

結合双生児のようなヨハンとミホ。
決して逢わずに、それでいていつも離れない。

アニメティックという手法があるらしい。
予め、ドラマの展開をアニメ化して制作する。
計算された画面の中で惹きつけられるように見る人の意識は画面を見る。

事件の真相が分かるにつれて、増々目が離せない。
悲しい過去の出来事が明らかになり、どうしようもない悲しさや苦しみ・憤りが心の痛みを伴って、見るものに降り注ぐ。

原作の東野圭吾さんに『さすが!!』と言いたくなった。
とても満足して見終わると共に、人間の本性って計り知れないよなって思う。
ある程度予想できる終わり方にはなっているが、だからこそ、唸ってしまう。

(J)

「白夜行」 白い闇の中を歩く   韓国版