2009年 韓国映画

ラヴ・コメディー映画で、本当に笑えます。
少し涼しくなりましたが、思いっきりお腹を抱えて笑うと、暑さが少しは楽に感じます。

韓国政府の情報機関・国家情報院に所属するスジは、恋人のジェジュンにも自分の身分を隠さなくてはいけなかった。
ウルルン島にいるとか、今ダメとか…。
嘘をついてばかりだった。
当然、彼からの信用はなく、でも二人は愛し合っていた。

そんなジェジュンから一方的に別れを告げられたのは3年前。
スジは、仕事で掃除婦になっていた。
そんな時に、カナダから帰国したというジェジュンに再会する。

怒りに狂わんばかりのスジだったが、心のどこかで彼をまだ意識していた。

某研究所から、変形B型ウィルスが持ち出された。
常温になると、6分以内に韓国人の遺伝子に異常をきたすと言う。

そのウィルスを追って、スジは犯人を追う。
犯人を追いかけていると、何故かジェジュンに出会う。
国際会計士だというジェジュンだが、実は、彼も情報機関に所属する者だった。

お互いに事情は相手に打ち明けられない。
それが、恋人でも家族でも友人でも秘密は守らねばならなくて、その規約が優先された。

ビデオの返却にかこつけて、ジェジュンはスジに会うが、よりが戻りそうになると何かが起きる。
そんな時に、いつも現場に現れるスジとジェジュンは、スジの所属する組織ではジェジュンが敵ではないかと疑われ、ジェジュンの組織ではスジが敵だと思われることが起きる。

お互いに、相手を信用できなくなった二人は、追いつめていくウィルスの行方と共に、クライマックスへと誘われる。

韓国では、ドラマにもなった「7級公務員」です。
とにかく面白く笑えます。
ギャグ満載で、ジェジュンの自信満々さと、ドジさ加減が何ともいえません。
ハングル語・ロシア語・日本語と、色々な言葉が出てきる多彩さも楽しめます。

何も考えずに、見て『楽しかった!』と言えるそんな映画です。

(J)

「7級公務員」