イケメン希望は応答無用
カネが目当てなら面談無用
修士学歴以上の方、企業家はお断り
ただし、自営業の方は可
アンディ・ラフやトム・クルーズ級の美男は、あなたとは無縁のはず
当然、当方もジュリア・ロバーツは望まず
聖女も受け止める自信なし
カバーガール的なインパクトびじんは期待せず
外はモダンで内は古風
心身健康な普通の女性でOK
しとやかなタイプならより理想的
神経質はダメ
若すぎもダメ
服を畳むのが上手で選択した衣類を新品同様にアイロンがけできること

もう若くはない
生活は中流
酒は飲まず、たばこだけ
留学はしたけれど十数年いても学業はモノにならず
生きる術だけ身につけた
業績ゼロで帰国したから
はっきり言えば実態は会社も株も学位もない“3ナイ”の帰国組
人柄は普通で大人しくもないが
臆病だから人殺しなどとてもできない
要するに社会の害にならないタイプ
冷やかしお断り
興味があれば連絡を

インターネットで婚活をする主人公のチン・フェン。
自分の発明で大金を手にしたチンは婚活を始める。

元、建設会社の同僚だったジェングォが最初の相手。
今は、ゲイだと自認する。

次は、墓地のセールスをする女性。

三番目に登場したのは、目を見張る美人のリャン・シャオシャオ。
キャビン・アテンダントの仕事をする彼女は、酒の席で、自分の叶わぬ恋の話をする。

次々に見合いをするチン。
記憶力の弱く明日になるとすべてを忘れているおばのいる女性や長い旅の遠いところの婿いりの話。
1年に一度しかセックスしないことが条件の美女。
また、妊娠中の女性など・・・。

そんな中、シャオシャオと再会したチンは次第に彼女に惹かれていく。

彼女の出会いの思い出の地である北海道へと二人は旅をする。
決して無理をせず、彼女に温かく接するチン。
いろいろな事がありながら、二人は結ばれる。

コメディータッチで“婚活”をユーモラスに描く。
笑いながらも、主人公のチンに誠実な人柄が、心に沁みこむ。
40代で決して若くはないチンのシャオシャオへの思いが心に響く。

(J)

「狙った恋の落とし方」