音楽と映像だけの映画。
パトリス・ルコント監督の作品である。

全編、東南アジアの日常の風景が映し出される。
背景には、ただ音楽があるだけ。
ただ、感情を感じるために見る。

見終わった後、「生きるって何?」と思う。
寝て、起きて、食べて、働く。
それって、すなわち、生きること。
ごみの中に生きても、ゴウジャスに生きても、生きることに変わりはない。

ただ、生きること。
わたしにとっては、そんなことを考える映画だ。

(J)

「ドゴラ」 DOGORA