2001年制作
手塚治虫 原作
『メトロポリス』のアニメ映画

2001年制作とは思えないほどのリアルさで迫ってくる映画。
制作にもかなりの時間をかけたようであるが、そのリアルな感じは今も変わらない。

巨大都市・メトロポリスに出来た
巨大なビル・ジグラットは、まるで、聖書に出てくるバベルの塔のように天空にそびえ立つ。
その最上階には、宇宙を治めるべく用意された一つの椅子があった。
そしてそこに座るべきモノとして、ロートン博士に作られた人工人間「ティマ」。

話しは、地球からロートン博士を追いかけてきた探偵伴俊作と、その甥であるケンイチが、ジグラットの開会の式典を見るところから始まる。

巨大都市メトロポリスは、ロボットと人間が共存する都市だった。
しかし、ロボットに仕事を奪われた人々は不満を隠しきれずにいた。

政権を握るブーン大統領と、実際の権力を握るレッド公、孤児であったがレッド公に育てられた息子で、ロボットを嫌うロックが、権力とティマを廻って画策する。

メトロポリスのロボットは、それぞれの仕事役割が決められていた。
決められた区画以外に出たり、決められた仕事以外のことをすれば、すぐに殺される。

ZONE1とは地下にある都市である。
職を失い、生活も底辺の彼らは、まるでメトロポリスの闇のようだった。
華やかな都市のイメージはもはやそこには無かった。

俊作とケンイチは、ロートン博士を探すためにZONE1に行く。
そこで火事は起こり、その火事の現場からケンイチは一人の女の子を救い出す。
彼女の名前は「ティマ」だった。
何も知らないケンイチはティマと共にロックに追われるようになる。

ティマと逃げるケンイチは、何も分からず何も知らないティマにいろいろな事を教える。
逃げる二人にやさしく接してくるロボットが、無惨にも銃で破壊されていく。

文明の頂点に立ち、科学の力をほこるメトロポリスに起こる破壊と殺戮に、ケンイチとティマは心を痛め涙を流す。

心のないものとして造られたはずのティマの目に涙が流れ、ジグラットの最上階の椅子に座ったティマが下した命令とは…。

人間に使われて、捨てられていくロボットに対して、そして、用のないモノとして扱われた人間が、後に手にするものは何か。

アニメならではの手法が駆使されて、輝かしいメトロポリスが画面にそびえ立つ。
原作があるらしいが、この映画でも十分伝わるものがある。

人間の持つ権力欲や劣等感が、ふとした心の動きに現れていて、分かりやすく心に響いた。

(J)

「メトロポリス」