ドナルド・J・ソボル Donald Sobol
1924年ニューヨーク生まれ。
著書が60冊以上ある児童作家。
オーバーリン大学を卒業後、新聞記者からフリーライターに。
1963年から開始した「少年探偵ブラウン」シリーズは、“百科事典”の異名を取る博覧強記な少年が、警察署長の父親に代わって毎回事件を解決するというミステリで、世界じゅうで愛読されている。
同シリーズの功績によって、1976年にはアメリカ探偵作家クラブから特別エドガー賞を授与された。

 

制限時間は2分間の謎解きが、71問書かれている本書は、ミステリ本が読むのに長いと思う人のために2分間で謎解きをする。

銀行強盗を追う保安官が拾ったヒッチハイカーの正体とは?
屋根裏部屋で起きた、首吊り自殺の真相は?
狩猟中に起きた事故は本当に事故だったのか?
密室で起きた事件の謎とは?
なくしたボタンが手掛かりになる?

などなど、簡単で手短に、抵抗なく、読めるミステリ本だ。
本格派ミステリにはない手軽さが売りのこの本だが、ミステリの基本はしっかり入っている。
謎を解くのは極々当たり前のことを知ることだとか・・・。
なるほど。

(J)

「2分間ミステリ」 TWO-Minute Mysteries