渡辺 和子(わたなべ かずこ)
1927年2月、教育総監・渡辺錠太郎の次女として生まれる。
51年、聖心女子大学を経て、54年上智大学大学院修了。
ノートルダム修道女会に入りアメリカに派遣されて、ボストン・カレッジ大学院に学ぶ。
74年、岡山県文科省(文化功労)、79年、山陽新聞社(教育功労)、岡山県社会福祉協議会より済世賞、86年、ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞、89年、三木記念賞受賞。
ノートルダム聖心女子大学(岡山)教授を経て、90年3月まで同大学学長。
ノートルダム清心学園理事長。
『愛と祈りで子どもは育つ』「目に見えないけれど大切なもの』『美しい人に』など著書多数。

聖書に『箴言の書』がある。
この本は、渡辺さんの歩んできた人生の色々な思いが、まるで、『箴言の書』の如く、書かれている。
大きな文字で読みやすく、シンプルに纏められている。
※箴言 戒めの言葉、格言や金言のこと (国語辞典より)
本文よりの抜粋

人はどんな境遇でも輝ける。
どうしても咲けない時は、下へ下へと根をのばす。
つらい日々も、笑える日につながっているのです。

現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。
心のぽっかり開いた穴からこれまで見えなかったものが見えてくる。

働くことはすばらしい。しかし、仕事の奴隷になってはいけない。
きちんとまわりが見えているだろうか?
こころにゆとりがないと自分も他人もいたわれない。

私たちの心のなかに、善いことをすすめ、悪いことを制止してくれる“王さま”が住んでいる。
悩んだ時、迷った時、困った時。
そんな時は、自分の良心の囁きに耳をすまそう。

苦しいからこそ、もうちょっと生きてみる。
生きることは大変だが、
生きようと覚悟を決めることは、
人に力と勇気を与えてくれる。

一生の終りに残るものは、我々が集めたものではなく、我々が与えたものだ。
人は何歳になっても、精神的に成熟することができる。
謙虚になることが成熟の証である。

迷うことが出切るのも、一つの恵み。
迷った時は、「選択する自由」を与えられたと思って
プラスとマイナスを書く出し、その重みによってく決める。

信頼は98%。
あとの2%のゆとりがあれば、相手の間違いを許すことができる。
この世に完璧な人間などいない。
心に2%のゆとりがあれば、相手の間違いを許すことができる。

華々しい経歴の中で、渡辺さん自身が、仕事のストレスからうつ病になったり、膠原病になったりしたそうだ。
それでも、だからこそかな、生きることの意味を探し、心理学やいろいろな事を学ばれたようである。
幸あれ!

(J)

「置かれた場所で咲きなさい」