スペンサー・ジョンソン  Spencer Johnson, M.D.

この物語に登場するのは、2匹のネズミ スニッフとスカリーと、2人の小人 ヘムとホー。
この2匹と2人は、迷路の中にあるチーズを探して探検します。
「チーズ」とは何か?
2匹と2人はどんなふうに「チーズ」を探すのでしょうか?
物語は極めてシンプルです。

迷路でチーズを探していた2匹と2人は、ある日、たくさんのチーズのあるチーズ・ステーションCを見つけます。
たくさんの迷路を探り探りしていた毎日でしたが、ラッキーな事に、ついに、溢れんばかりのチーズに辿り着いたのです。

ネズミのスニックとスカリーの日課は、毎朝、チーズ・ステーションCに行き、あたりの匂いを嗅ぎ、ひっかき、走り回って、何か前日と変わったことはないか調べて、そして、腰を下ろしてチーズをお腹いっぱい食べます。

ヘムとホーは、のんびりとステーション・Cに行き、お腹いっぱいチーズを食べます。
スニックとスカリーは、いつかチーズの無くなる日が来るだろうと、覚悟していました。

ヘムとホーは、この素晴らしい宝物」が無くなるなんてことは想像もせず、ただ、この幸せの日々を過ごしていました。
そして、慣れと共に、『このチーズは、自分たちの物で、この幸せは永遠の物だ』と考えるようになっていきます。

そんなある日、いつものようにチーズ・ステーションCに行った2匹と2人は、そこにあるはずチーズが、消えて無くなっていることに気づきます。
スニックとスカリーは、すぐさま、新しいチーズを求めて、以前のように迷路を探し始めます。
一方、ヘムとホーは、チーズが消えてしまったということがなかなか理解できず『こんなことが、起きるはずがない』とただおろおろとし、嘆くばかりでした。
「私たちのチーズは、どうなったんだ。」
「こんなことがあっていいはずない」
ショックでただ立ちすくむ2人。
うろうろするばかりの二人は、ひどい目にあわされたとわめき散らします。
どうしていいか解らず、ただ、その場に居続ける二人です。

ヘムは「チーズには自分たちの権利がある」と言い、頑固としてその場を動こうとしません。
お腹が空き、動きがにぶくなっても、二人はどうすることもできませんでした。

そんななか、ホーはヘムに新しいチーズを探して、再び迷路を探検することを提案します。
しかし、ヘムはただ、頑固に変わることを拒否し、今までの通りに権利を主張し続けました。

二人が話し合いを続ける中、
スニッフとスカリーは迷路の奥の方まで入り込み、通路を行ったり来たりして、見つけられる限りのチーズ・ステーションでチーズを探します。
そして、今まで行ったことのないエリアに入ります。
チーズ・ステーションNです。
二人は歓声を上げます。
探していたものを見つけます。信じられないほどの大量のチーズです。

ホーは、ついに一人で迷路に出ることを決意します。
不安と恐怖が襲います。
本当に自分は迷路に入っていきたいんだろうか?
でも、変わらなければ、どうすることもできないことは解っています。
恐怖と闘いながら、ホーは迷路を進みます。
弱弱しい笑みを浮かべながら、自分に言います。
「遅れをとっても、何もしないよりいい」少し前進すると一歩後退する。
そんな繰り返しです。
体力も落ちてます。
「なすがままでいるより、自分で何とかしよう」と言い聞かせます。

その内、ふと気が付くと、恐怖が無くなっていることに気づきます。
気持ちが楽になり、楽しくさえあります。
そして、たくさんのチーズに囲まれている自分を想像します。
ヘムが、気が変わって迷路にでても困らないように、メッセージを書きます。

ステーション・Cでの日々を考えます。
兆候はあった。
ただ、自分たちはそれに気づこうとはしなかったことに思い当たります。
今度チーズが、見つかったら、もっと注意深く、用心しようと考えます。

そして、ヘムはいままで行ったことのない通路を進み、角を曲がったところで、チーズ・ステーションNと新しいチーズを見つけます。
そこには旧友のスニッフとスカリーが手を振っていました。

(J)

「チーズはどこに消えた?」 Who Moved My Cheese?