jurinburogu201607231         jurinburogu201607232

 

バルガス=リョサ 作

木村榮一 訳

2010年、マリオ・バルガス=リョサは作家としての長年にわたる活動を評価されて、

ノーベル文学賞を74歳で受賞する。

1936年3月28日、ペルーのアレキーパ生まれ。

両親は離婚し、母親とともにペルーを離れ、幼少期を祖父母ののもと、ボリビアで暮らす。

10歳でペルーに戻りサン・マルコス大学の文学部に進み、在学中から小説を発表する。

大学卒業後、スペインに1年留学し、その後パリに暮らす。

アルバイトで生計を立て執筆に取り組み、

1959年にはそれまで書いてきた短編を『ボスたち』としてまとめ刊行した。

ラテンアメリカ文学降盛を迎えるなか、

長編小説『都会と犬ども」(1963)『緑の家』(1966)で,

一挙にラテンアメリカの現代作家としての地位を確立する。

 

ペルー・ピウラの町は、砂漠に囲まれた町だ。
放浪の歌手であったアンセンモは、
その彼は、町からは外れた所であるその砂原に建つ売春宿である『緑の家』を建てた。
町の男たちは、この享楽に溺れる。
やがて、アンセンモは、
捨て子で目も見えず口のきけないアントニアを愛して、彼女との間に一人の子どもをもうける。
が、『緑の家』の道徳的頽廃を悪の源と見なすガルシーア神父と、
彼の言い分を信じる人びとにより、『緑の家』は焼き払われることになる。

サンタ・マリーア・デ・ニエバの町にある、
まるで中世を思わせる密林の中の修道院に住む修道女(シスター)たちは、
密林に住み、原始的な生活を営んでいる少女たちを連れ去り、
修道院に住まわせて、キリスト教教育を授ける。
拉致された少女の一人であったボニファシアは、
そんな少女たちを逃し、修道院を追われる。
そして、ラニーアの元に引き取られて、
その後治警備隊の軍曹リトゥーマと知り合い結婚する。
軍曹リトゥーマの故郷はピウラだ。
二人はサンタ・マリーア・デ・ニエバの町からピウラへと引っ越すことになる。

ブラジルで事件を起こした日本人フシーアは、
アマゾンの奥地でインディオを使って密輸や盗賊を繰り返していた。
だがフシーアは感染症にかかり、体の自由は奪われていた。
彼の友人であるアキリーノは密林奥地の診療所にフシーアと伴に向かいながら、
今までの過去のさまざまな出来事を回想していく。

ピウラの町のマンガチェリーア地区は、
昔ながらの掘っ立て小屋や人々の生活がまだあった。
飲み屋でハーブを演奏するアンセンモたち三人は、
さまざまな人々の生活をそこで見聞きする。
若くて向こう見ずな軍曹リトゥーマは、結婚相手のボニファシアを連れてピウラの町へ戻ってきた。
ある事件ののち、逮捕されて投獄され、
彼の面倒を見ることになったボニファシアは、
やがて売春婦として働くことになる。

 

5つの逸話を絡ませて展開される物語は、

複雑に展開されながらも、決して興味をそらさない。

時系列を無視し、40年にわたる歳月を、5つのストーリーとして組み立てるその手腕は、

ジクソー・パズル(訳者解説から引用)を組み立てていくような爽快感がある。

まるで、絡まった糸のような展開が、やがて一つの糸に繋がるような感じだ。

熱帯雨林の季節感が色濃く語られ、

今の熱い日本の季節にマッチしている文体は、

『思わず引き込まれてしまう』感じの、熱い暑い読書だった。

(J)

 

 

 

 

「緑の家」